子どもの貧困を考える

立教大学名誉教授の浅井春夫先生を招いて、子どもの貧困問題を考える勉強会が、行われました。
 日本の貧困率の高さは34か国中6位という実態です。評価は、5段階評価で悪い方から2番目となっています。
 ユニセフが、最貧困層の子どもが標準的な子どもの生活水準と比べてどれくらい厳しい状況にあるかの報告書をまとめていますが、日本は41か国中34位です。
 こうした実態をふまえ、私たち地方議員が考え、取り組むべき課題を浅井先生から伺いました。
 

この記事へのコメント