日本獣医生命科学大学一号棟が有形文化財に登録

私の地元、境南町1丁目にある日本獣医生命科学大学一号棟が、国の登録有形文化財(建造物)に登録されました。
 建造物の特徴は、都内に現存する唯一の明治期の役所建築です。設計は東京市営繕課のもとで主に小林鶴吉があたりました。玄関2階正面のペジメントやマンサード屋根などの外観、各室の間仕切りや階段など旧東京市麻布区役所庁舎時代の造形が残ります。
明治42年と昭和12年の棟札も残っています。
武蔵境駅のすぐ近くです。道路から、一号棟正面が見えます。是非ご覧下さい。

この記事へのコメント