少年口伝隊1945年

「少年口伝隊1945年」は今は亡き、井上ひさしさんの作品です。広島に投下された原爆の惨状とその後を扱っかったものです。
 今日の新日本婦人の会武蔵野支部の平和文化祭で、朗読劇「少年口伝隊」が行われました。演じたのは、新婦人の朗読小組の皆さんです。
 朗読劇の他には、相撲甚句。習字に切り絵、手作りバック、こぎんざし等々の展示。体験コーナーでは、吹き矢や英字新聞でマイバックづくりなどもありました。
 私の出番はオープンで、開会の挨拶とその後すぐに行われたリメイク着物ファッションショーのモデル、トップバッターで登場。夏着物の振り袖で作ったコートを着ました。
 この年で振り袖を着ることはありませんが、コートなら着ることができます。
 お昼には文化祭を抜け出して、公会堂で行われている「食育フェスタ」に行って来ました。ここでは、子どもたちが日頃食べている、給食のカレーを頂きました。美味しかったです。昭和30年代、40年代の給食の写真も興味深い内容でした。
公会堂の駐車場で行われていた、野菜の摂取量アンケートや市内野菜を買って、また文化祭に戻り午後の朗読劇を見ました。
文化の日らしい一日となりました。

この記事へのコメント