コロナ、こんなところにも影響が

定例議会最終日の今日、議員のポストに入っていたのが、「公衆トイレ ミカレットみたか 改修工事の工期延伸について」です。
 公衆トイレ ミカレットみたかは、施設内便器の洋式化を含めたバリアフリー及び施設の長寿命化を図っていました。
トイレ工事の備品、洗浄機付き便座及びリモコンスイッチ5基は中国で製造されているもので、供給ルートが途絶え、納品の見通しが立たず、工期を延伸することになりました。
設備品の納期は8月31日を予定し、ミカレットの開始時期を9月1日を予定しています。

この記事へのコメント