介護保険移行でサービス低下を懸念

今回の議会で取り上げた、一般質問の内容を紹介する市議会だよりの見出しです。
障がい者福祉制度を受けている人が、65歳になると介護保険制度に移行します。これを介護保険優先と言います。
障がい者福祉制度と介護保険制度は違うため、介護保険移行で今までの制度が低下してしまう人が出てきます。これを65歳の壁と読んでいます。
障がいのある方が、今までと同等のサービスが受けられないと生活することじたいたいへんになります。
一般質問で、65歳以降も今までと同等のサービスが受けられるよう求めました。
市は、生活が立ち行かなくならないように、支援をしています、と答弁されました。
今日、65歳になった方から連絡があり、今までの障がい者福祉サービスと比べて、受けられる時間が短くなったと言われました。
他の方からも、話を聞いて欲しいと言われました。
一般質問で取り上げたことで、問題を抱えた方が連絡しやすくなったようです。
更に、制度の改善を求めていきたいと思います。

この記事へのコメント