熱中症に要注意

IMG00246.jpg武蔵野市が高齢者の方に配布した「熱中症予防シート」です。
久しぶりの晴天で、今日は暑かったです。
コロナと豪雨災害が心配ですが、熱中症も注意しなければならない季節になっています。
武蔵野市から、熱中症警戒アラート(試行)の実施についてのお知らせがありました。
熱中症注意情報については、環境省熱中症予防情報サイトで「練馬」の暑さ指数が『危険(WBGT31度C以上)』と発表された場合に、防災安全メールの発信等により実施している。
本年 7月1日から、環境省と気象庁が連携し、関東甲信地方において「熱中症警戒アラート」を試行(令和3年度全国展開予定)することになり、地方自治体に協力依頼が発出された。
ついては、市民等の熱中症予防のため、下記のとおり「熱中症警戒アラート」を実施する。
1、目的
熱中症の危険性が極めて高くなる暑熱環境が予測される場合に、「熱中症警戒アラート」の発信により広く注意を喚起し、市民等に生命と健康を守るための予防行動を促す。
2、熱中症警戒アラートの実施
期間 令和2年7月1日(水)〔6月30日17時発表分〕から10月28日まで
発表時期 原則、前日17時頃 または当日9時頃(いずれも平日のみ対応)
対象地域 東京都
発表基準 暑さ指数(WBGT)の予測値33度C以上
週末対応 土曜日、日曜日及び祝日(週末等という)は、金曜日または祝前日の17時頃までに、週末等の予測値が『危険(WBGT31度C以上)』以上の場合に、防災安全メール等を発信する。(従来どおりの対応)
3、市民への発信方法【④~⑥は新たに実施】
① 防災安全メールの発信
② 市公式ツイッター及びフェイスブックに掲載
③ 職員ポータルの掲示板に掲載
④ 市公式ホームページのトップページに掲載
⑤ 庁内放送の実施
⑥ 関係団体等への所管課から連絡(関係団体等が、防災安全メールを受信できれば不要)
4、注意喚起文(防災安全メールの例)
東京都に「熱中症警戒アラート」が発表されました。
明日(本日)は、『暑さ指数(WBGT)33度C以上』が予測されています。
熱中症の危険性が極めて高くなっています。
皆さん、屋内でエアコンを使用するなど身の安全を図ってください。
発表 環境省・気象庁 配信 武蔵野市
以上です。
アラートと言う言葉は気になりますが、熱中症には気をつけましょう。

この記事へのコメント