三つ子の魂百までも

三つ子の魂百までも、と言うことわざがあります。 幼い頃に教えられたことは、百歳までもと言うことです。 8月、平和を考える月に、いろいろな方から75年前の戦争時の話を伺った頃がよみがえります。 それは、戦時教育を受けた当日の子ども達のことです。 一人の女性が言います。「君が代が流れてくると、頭ではおかしいと思いながらが気をつけをしてしまうのよね。子ども時の教育は、体に染み着いている。」もう一人…

続きを読む