少人数学級の交流会

IMG00310.jpg共産党主催の「少人数学級実現」学習交流会議に行って来ました。
講師は共産党文教委員会の藤森 毅氏。
「一律休校」による、子どもたちへの被害。教育とは何かが問われた3ヶ月間。
共産党の「学校再開にあたっての緊急提言」について。
少人数学級の実現について、全国知事会要望。著名人(内田良名古屋大准教授、本田由紀東大教授、前川喜平氏など)が呼びかけ人となった署名の取り組み。市民運動の広がりなども紹介されました。
私も、9月議会の一般質問で、武蔵野市の特別支援学級等のコロナ対策を求めるなかで、少人数学級について要求しました。

この記事へのコメント