「赤旗」日曜版JCJ大賞

優れた報道を表彰する第63回日本ジャーナリスト会議(JCJ)で、「しんぶん赤旗」日曜版の「安倍晋三首相の『桜を見る会』私物化スクープと一連の報道」が大賞を受賞しました。
選考委員の諌山修氏(ジャーナリスト)は大賞に関して「選考会議では真っ先に満場一致で大賞候補となった。スクープの第一報だけでなく、どの記事も驚くようなものばかりだった」と語っています。
一部のマスコミと政権が癒着し、政府を持ち上げる内容の報道ばかりが行われるなか、権力を監視するしんぶん赤旗の役割が、評価されたことは、たいへん嬉しいです。

この記事へのコメント