菅独裁政治の始まり

日本学術会議が推薦した会員候補105人のうち6人の任命を、菅首相が拒否したことが大問題になっています。
拒否された教授の多くが安保法制や共謀罪、沖縄の新基地建設などに反対を表明している方です。
日本学術会議の新会長に選出されたノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章東京大学教授は「学問の自由、学術会議の中立性にもかかわることだと思っている」と話しました。
他の会員も「学問にも口を出すという菅政権による宣言だ」「こんな介入がまかり通れば、学者が萎縮する」「学術会議の目的は政策の提言で議論の場。これは科学者に議論させないということだ」と次々に今回の菅首相の姿勢を批判しています。
菅政権独裁の始まりであり、終わりの始まりにさせていきましょう。

この記事へのコメント