「医療・介護の充実」求める陳情否決

 本日の本会議で、「安全・安心の医療・介護の実現と国民のいのちと健康を守るための意見書の提出を求めることに関する」陳情が反対多数で否決されました。もちろん私は陳情に賛成、議場で陳情に賛成討論をしました。
陳情の内容は国に対して五点の求めるものです。
1点目は、今後も発生が予想される新たな感染症拡大などの事態にも対応できるよう、医療、介護、福祉に十分な財源確保を行うこと。2、公立公的病院の統合再編や地域医療構想を見直し、地域の声を踏まえた医療体制の充実を図ること。3、安全・安心の医療・介護提供体制を確保するため、医師・看護師・医療技術者・介護職等を大幅に増員すること。4、保健所の増設・保健師等の増員など公衆衛生行政の拡充を図ること。ウイルス研究、検査・検疫体制などを強化・拡充すること。5、社会保障に関わる国民負担軽減を図ること。
の五点です。
この五点、当然の要求だと思います。
皆さんはどう思われますか?

この記事へのコメント