緊急事態宣言解除後その2

3、むさしのエコreゾートについて
 入館受付における連絡先の記入は終了とし、その他の感染防止対策は継続して実施する。施設周知活動を行うとともに、集客事業(イベント等)については、感染状況を注視しつつ再開する。
4、健康福祉部所管の施設及び関連事業について
 ① レモンキャブは、特例運行を引き続き実施する。
 ② テンミリオンハウス、いきいきサロン、不老体操及び社会活動センターについては、感染防止対策を十分講じたうえで、引き続き実施する。なお、いきいきサロンは新型コロナウイルス感染症の影響により、これまでの活動場所を使用できないサロンもあることから、2021年度はコミセンの利用も認めることとする。
③ 障害者福祉センターの夜間の施設貸出(午後6時~午後9時)は、引き続き中止とする。
5、子ども家庭部所管の施設及び関連事業について
① 0123施設の開館時間は、3月23日(火)より、通常通りとする。利用者を市民に限定する扱いは、当面継続する。
② 自然の村は、東京都による不要不急の外出自粛要請を踏まえて、3月31日(水)まで引き続き閉村とする。
③ ベビーカー貸出しサービス「ベビ吉」は、3月23日から、吉祥寺パーキングプラザ1ヵ所で、再開する。
6、生涯学習等について
① 体育施設、武蔵野プレイス、市民会館
・3月23日(火)より、原則午後9時閉館とする。
・市及び生涯学習振興事業団主催の体育施設におけるスポーツ教室等の事業を再開する。
② 学校施設開放
・ 屋外については、4月1日(木)から利用時間を午後9時までとする。
・ 体育館及び武道館は入学式終了後、第四中学校プールは4月12日(月)以降に再開する。
7、水道部所管及び事業等について
①水道料金及び下水道使用料の支払い困難者を対象とする最長1年間の支払い猶予について、受付期限を9月30日(木)まで延長する。
② 浄水場見学会は、当面の間、引き続き中止とする。
8、「新型コロナウイルス感染防止のための武蔵野市公共施設等利用基準」の変更について
 文化施設、生涯学習施設、体育施設、コミセン等の公共施設における感染防止のための具体的な利用基準について国及び東京都の示す基準に基づき変更する。

この記事へのコメント