まん延防止等重点措置の対応

4月12日(月)から5月11日(火)までの期間武蔵野市もまん延防止等重点措置の対象となりました。
 これを踏まえ、武蔵野市コロナウイルス感染症対策本部の対応が示されました。 
1、文化施設、コミュニティセンター等について
① 文化施設等
 ・原則午後8時閉館とし、夜間区分の新規貸出し停止を継続する。
 ・施設の利用条件(定員)は、当該期間中を対象とする新規受付のうち、大声等が想定される場合については、施設定員の50%とする。
 ・予約済みの貸出しを取消しする場合には、使用料を全額還付する。
 ・文化事業団の主催事業は、当面の間、午後8時までに終了予定である。引き続き、チケットの払戻しには応じる。
②コミュニティセンターは、原則として午後8時閉館とする。コミュニティ協議会の主催事業については、実施の可否や規模縮小・延期等の判断は個別に行う。
③ 男女平等推進センターは、午後8時閉館とし、会議室の夜間新規受付を停止する。相談事業も午後8時で終了とする。
2、環境部所管の施設及び事業等について
① むさしのエコreゾートについて、施設内の木製ボールプール及び積み木プールのボール・積み木を撤去して運用する。
② 吉祥寺駅の喫煙トレーラーハウスは、午後8時までに時間を短縮して運用する。なお、利用人数の制限(最大6名)については継続実施する。
3、子ども家庭部所管の施設及び事業等について
① 自然の村については、5月11日(火)まで、引き続き閉村とする。
② 桜堤児童館で5月5日(水・祝)開催予定の、「ワーイ!こどもの日」は中止とする。
4、教育部所管の施設及び事業等について
①学校施設開放は、屋内及び屋外ともに午後5時から午後9時までの利用を中止する。
②生涯学習施設等
 体育施設、武蔵野プレイス、市民会館は、午後8時で閉館し、主催・共催事業についても午後8時までに終了する。予約済みの貸出しを取消しする場合には、使用料を全額還付する。
5、職員向け対応について
 職員の時間外勤務は、原則午後8時までとする。

この記事へのコメント