「秘密保護法案」は断固反対です。

「 安倍政権はなんて怖い政権なんでしょうか。」25日、国に関わる広範な情報を「特定秘密」として、国民の知る権利を奪う「秘密保護法案」を閣議決定し、国会に提出しました。法案は、秘密の範囲がきわめてあいまいです。国民(私たちみんな)は何が秘密か知らされず、「特定秘密」と認定されれば処罰されます。政府は「原発やTPPは対象外」と言いますが除外される保障はありません。国会の立法権や国政調査権も制限します。国民の目と耳、口をふさいで、国家の情報を統制する動きに恐怖を感じます。戦争体験者の方々の話を思い出します。「知らない間に、国の都合のいい情報だけが流され、国にとって困る(戦争に反対する動きなどは)情報は弾圧されてきた」。この危険な動きに、日本弁護士連合会、日本新聞社、日本ペンクラブをはじめ国民各界各層から反対の声が巻き起こっています。皆さん、「民主主義破壊の悪法」に反対の声をあげましょう。

"「秘密保護法案」は断固反対です。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: