認可保育園の増設を強く求めます。

今日の予算委員会は、民生費と衛生費の審議です。民生費では、待機児童対策について質疑が行われました。市が計画している現在の対策で、待機児童は果たしてゼロになるのでしょうか?もっと対策をすすめなければ無理でしょう。共産党都議団が東京の市区町村の待機児状況を調査しました。武蔵野市は、申込数は873名、認可保育園に入れなかった人数は501名(第1次分)入れなかった割合は、57.4%で多摩地域で、小金井市に続きワースト2位です。23区の中に回答しない自治体も4区ありますのが、それでも武蔵野市の入れない割合は非常に高い位置のいます。早急に認可保育園の増設が求められています。

"認可保育園の増設を強く求めます。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: