「くぬぎ園」のあり方会議設置

桜堤の「くぬぎ園 軽費老人ホーム(B型)」のあり方を検討する有識者会議が設置されました。くぬぎ園は桜堤ケアーハウスのとなりの建物です。市は、くぬぎ園は、入所者の多くが要介護状態となり施設としての対応が困難となってきたことや施設の老朽化に伴い多額の維持管理費を要することから、今年度末で廃止を決定しました。当該跡地に設置する施設について、施設の具体的機能や規模などを検討するため、有識者会議を設置しました。と報告がありました。くぬぎ園の今後のあり方については、第5期長期計画でも示されていますが、土地は東京都のもので、東京都との協議も必要になります。そして何よりも、市民の意見が大事です。桜堤地域の皆さんの関心も高いものがあります。共産党の市議団の予算要望の時にも、くぬぎ園の跡地利用について発言しました。

"「くぬぎ園」のあり方会議設置"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: