年金保険料、65歳まで払い続けるのか!

 厚生労働者は1日、国民年金の加入期間を5年延長し、65歳までの45年間とする案を社会保障審議会年金部会に示しました。延長される5年間の保険料を計算すると、年間で18万から20万円となり、5年間の合計保険料は約100万円にもなります。 厚労省はさらに、支給開始年齢についても65歳~70歳まで選択できる繰り下げ制度の活用をすすめていく考えを表明しています。
 年金は60歳から支給されると考え、生活設計をしてきた人が、支給開始をどんどん伸ばされ、保険料も5年間さらにはらえでは生活していけません。
 詳しい内容は今日のしんぶん赤旗の1面に紹介されています。
 新聞の記事を読み、思い出したのが、 今年、75歳になった女性の話です。
 「65歳になったら、医療費は無料になるから安心と思っていたら、有料化になり。70歳になったら、75歳になったらと節目節目の制度はどんどん無くなり、まるで鼻先に人参をぶら下げられて走る馬のようだ」という内容でした。
 安倍首相!私たち国民は馬ではありません。鼻先に人参をぶら下げて走らせようとしても、そうはいきません。
国民総行動で、社会保障大改悪に反対の運動を広げましょう。

"年金保険料、65歳まで払い続けるのか!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: