年金で入れる特養を!

 私は「年金で入れる特養ホームを」と訴えています。武蔵野市内に老人ホームができても、有料の老人ホームだったり、特養でもユニット型の個室で月20万円以上だったりで、「とても私たち、庶民には手が出ない」からです。
 新婦人の会で、市内の老人ホームの見学会を行いました。ある有料老人ホームは「入所時は500万円台と聞き」他と比べて安い!と思いましたが、よく聞くと5年間有効で、更新する時また同じだけ費用がかかるそうです。とてもじゃないけで、我々が受け取る、年金では市内の老人ホームに入所することさえ高値の花となっています。
 厚生労働省は特別養護老人ホームで低所得者が多い相部屋の利用者から、居住費(部屋代)を徴収することを社会保障審議会介護給付費分会で提案しました。
 とんでもありません!。
 ますます、お金がなければ特養ホームに入れなくなります。
 ですから、皆さん!私たちが受け取る年金で支払える、特養ホームを求め運動を広げていきましょう。

"年金で入れる特養を!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: