「戦争法案」強行採択、抗議の大宣伝

 安全保障関連法案が衆院特別委員会で採決、自民、公明の与党の賛成多数で可決されました。(悔しい!)
 安倍政権は、16日にも衆院本会議で採決へと持ち込む予定です。
 今日は、6月議会で「安全保障関連法案の今国会での、成立を断念することを求める意見書」に賛成した、議員の呼びかけで、「強行可決反対!法案は廃案に!」と訴える超党派議員と市民有志の大宣伝を行いました。
 
画像
参加された市民の方は、40名を超えました。
 当初用意したチラシは、15分でなくなり嬉しい悲鳴です。
 急遽、チラシを再度印刷、また印刷と大変でした。
 それだけ、たくさんの方がチラシを受け取ってくれたのです。
 宣伝の最中に、自民党の土屋衆議院議員が通りかかり、十数名の超党派議員と40名を超える市民の抗議行動にビックリした様子でした。
 「土屋議員!これが市民の声ですよ!そして、土屋議員の選挙区である東京18区は、武蔵野市、小金井市、府中市ですが、6月議会で武蔵野市議会、小金井市議会は『安保法制に反対の意思表示をした意見書』が可決しています。実に3分の2の自治体です。国民、市民の声を聞くのであれば、法案は廃案にすべきです」
 私たちは、諦めません。18日には武蔵野市内の全駅を中心に、午後1時に「アベ政治を許さない」のポスターを持って立ちます。
 私は、武蔵境南口にいます。一人では勇気が出せない方! 一緒に立ちましょう。予備のポスターも持っていきます。

"「戦争法案」強行採択、抗議の大宣伝"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: