この税金支出は、異議ありです。

 大島町が観光振興と称し、町のお金を使い、シン・ゴジラ像を設置することが問題となっていました。
 当初の計画、1000万円の費用に対しても、町民は「そんなところに大金を使うのは反対」と声が上りましたが、町が、さらに1億円を基金から取り崩す計画であることがわかり、反対運動は大きく広がりわずか1ヶ月で有権者の35%近い署名が集まり、町長はこの計画を断念しました。
 ことの顛末は、新聞などでも報道されました。
 武蔵野市でも同じようなことがありました。
 何度か、ブログやニュースでご紹介したゾウのはなこ像。 
 計画では、製作費はすべて寄付で行うというものでしたが、目標としていた1000万円が集まりそうにない。
 12月議会で、補正予算を組み、税金支出を検討したいと、市から打診がありました。
 議会の反応は「NO!」です。「税金支出に反対」「もっと寄付金を集めるために努力すること」「お金が集まらなければ、設置を遅らせるか、規模を縮小すればいい」と言うものです。当然です。
 結果は、はなこ像の実行委員会の努力で、寄付金は目標額を超え、税金投入はしませんでした。
 すぐ、税金からと言う安易な考えはやはり、駄目ですよね。

"この税金支出は、異議ありです。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: