日本文化にふれて

 市民文化祭の行事の一つ。市民文化会館で行われたお茶会に伺いました。
 今回は、初めての立礼席でした。
 お抹茶をいただくと、心が落ち着きます。
 お茶会の後は、武蔵野市の郷土芸能につどい、むさしのばやしの演奏会です。
 むさしのばやしは、文久2年(1862年)に当時の吉祥寺村を中心に生まれたといわれています。
 もうすぐ160年を迎えます。
 継承してこられた方々に敬意を表します。
 二つの日本の大切な文化にふれることができました。
 お茶会に伺うのであれば、着物を着たいところですが、午前中は総合防災訓練でした。
 まさか、防災訓練に着物とはいきません。
 一日に、いろいろな所に伺うときに、その場にふさわしい服装がちぐはぐになることがままあります。
 なかなか難しいです。

 
 

"日本文化にふれて"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: