危険な道路に交通標識設置

 玉川上水沿いの桜堤2丁目の道路は、一方通行で信号もないため自動車がスピードを上げて通過し危険と近隣の方から相談がありました。
 市の担当者の相談した結果、「スピード落とせ」の注意喚起の看板が設置されました。
 近隣のみなさんと様子を見たいと思います。
 日曜日は、市民の手による萌芽更新が行われるとご連絡を頂き、現地に伺いました。
 場所は、以前ブログで紹介した、境山野緑地の一部(二小ゾーン・旧青年の家跡)です。
 見学に行くとすでに、市民の方、学生、子どもたちが木を伐採していました。
 かなり大きな木もありますが、大木は専門業者にお願いし、みんなでできる木をのこぎりで伐採していました。
 太陽の光を浴びて、今までいなかった虫や植物が現れるのではと説明を伺いました。
 ちょっと楽しみです。時々、様子を見に来なければなりません。
 

"危険な道路に交通標識設置"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: