医療費無料化で、医療費が削減

東京のいろいろな情報を紹介している「東京民報」の5月4日、11日合併号の1面に、日の出町の記事が掲載されています。日の出町は、75歳以上の医療費無用化を実施している町です。無料化を取り扱った記事に、たいへん興味深いものがありました。日の出町では、75歳以上の医療費無料化を始めてから、一人当りの医療費が年々下がっているということです。2010年度の一人当たりの医療費は66万5.141円で、2012…

続きを読む

医療も介護も大改悪!

消費税が増税された4月1日、「介護総合法案」の審議が衆院で始まりました。法案の目的は、国の社会保障費を削減・抑制するために、医療・介護サービスの利用を次から次に制限するものです。医療分野では、2025年には202万床が必要とされている入院ベットを、40万床以上少なくする計画が立てられています。介護は要支援1、2の高齢者の訪問・通所介護を、国の介護サービスから外し市町村に移し、一定所得以上の高齢者…

続きを読む

消費税増税に過半数が反対!

 来年4月から、消費税率を8%に引き上げることに55%の人が反対と答えたことが報道番組のアンケートであきらかになりました。給料は上がらず、暮らしはよくならず、介護や福祉はますます悪くなる!これで増税!?消費税増税と一体で法人税減税を行うと言うのは、庶民増税、大企業減税であり、反対の声はもっと広がるでしょう。介護保険の改悪は要支援の人を介護保険から締め出し、各自治体に任せるとの事!介護保険はナショ…

続きを読む

明日は「日本母親大会」に参加します。

今日は溜まっていた仕事を片付けようと、早朝配達後タイムスケジュールをたててのぞみましたが、計画通りにはいきません。30分ごとの緻密かつハードスケジュールのせいです。それでも、ニュースの原稿や諸々の文章はすべて終わりました。 部屋の掃除は中途半端で、来週からまた忙しくなります。  明日は、東京で行われている「日本母親大会」…

続きを読む

共産党の議席を増やし、認可保育園の増設を実現させよう!

夏休みも終わり、また忙しい日常が戻ってきました。月曜日の朝の宣伝は、小川明弘さんたちにお願いし、午前中は監査の仕事です。お昼に生活相談の連絡、午後は議員団会議です。8月末が、一般質問の締め切りですが時間があまりありません。私は監査委員なので、質問はできません。むしろ9月には水道決算の審査があり、答弁側に座ることになります。  9月末に、市長・市議補選が行われますので、だんだん市議会も慌ただし…

続きを読む

生活保護基準の引き下げ、そして麻生副総理の発言

 8月1日から、生活保護基準の引き下げが実施をされました。どの世帯でも、引き下げられていますが、特に影響が大きいのは都市部(武蔵野市を含む)の多子世帯です。4人家族(40歳代夫婦と小・中学校の子2人)で8月から7千円の削減、再来年の4月からは2万円の削減です。母子世帯3人家族(40歳代の母と小・中学校の子2人)も今月から、6千円減、3年後には1万8千円の減です。これでは、憲法で保障された最低限度…

続きを読む

原水爆禁止世界大会代表団を送る夕べ

 日中は、監査説明聴取でした。市役所に入る情報と言うのはすごいものだと改めと感じました。夜は、武蔵野原水協主催の「2013年原水爆禁止世界大会武蔵野代表団を送る夕べ」に参加しました。参加者はいつもより少ないように感じましたが熱気はあります。「暑い長崎に行く」ことを強調した挨拶がありましたが、私の送る言葉は「夏はどこでも暑いのです。大会に参加して篤い思いを持って帰ってきてください」と少し説教じみた…

続きを読む

共産党は何でも反対の政党か?

 共産党は「何でも反対する」と他の政党が言います。本当に共産党は「何でも反対しているのでしょうか?」全然違います!。先の通常国会でも成立した法案の約6割に共産党は賛成しています。共産党が反対する法案は、消費税増税や社会保障切り捨て、原発推進、TPPや憲法改悪などを進める法案です。これらの法案に反対するのは当然のことだと思います。事実を捻じ曲げて、共産党攻撃をしている政党のみなさん!デマで攻撃する…

続きを読む

TPPで医療が壊される

 TPP(環太平洋連携協定)は農業や食の安全が脅かされるだけでなく、環境、金融、雇用、医療などあらゆる範囲にわたり影響が出るものです。医療分野では、保険診療と保険がきかない自由診療を組み合わせる混合診療が拡大されます。薬の値段も上がります。アメリカの薬価は日本の2倍です。TPPに参加すれば、アメリカのルールが持ち込まれ,しくみそのものが変えられアメリカのように値段が上がっていきます。すでに、アメ…

続きを読む

認可保育園新設求める陳情採択!

 今日の文教委員会で「待機児童解消に関する陳情」が全会一致で採択されました。陳情の内容は、1、平成26年4月開園の武蔵野市内における認可保育園新設 2、平成26年4月開園の武蔵野市内における認証保育園のさらなる増設 3、平成25年度内での武蔵野市内におけるグループ保育室のさらなる増設の3項目を求めるものです。当初、複数の議員から来年4月認可保育園の開園は難しいと継続審議を求める意見もありました。…

続きを読む

安倍政権の「成長戦略」はまやかしです。

 安倍首相が「成長戦略第3弾、一人あたりの国民総所得(GNI)を10年間で150万円増やす」打ち出しました。国民総所得 GNIとは、企業の海外投資による利益も含んでいますから、かりにGNIが増えたからといって、賃金が増えるわけではありません。小泉内閣の5年間では一人あたりGNIは18万円増えましたが、一人あたり賃金は16万円も減りました。安倍内閣の下で、解雇の自由化や消費税増税、社会保障の大改悪…

続きを読む

今日は、商店街の練り歩きです。

 都議会議員選挙中の唯一の日曜日です。午前中は雨が降っていましたが、午後から晴れ間も見えます。今日は、吉祥寺と境の商店街を小川明弘さんと一緒に練り歩きです。私たちの担当は境です。呼びかけに応えて、20人ほどの人が参加してくれました。「ただちに原発ゼロ」の横断幕を持った人の後から、背中に「憲法9条を守ろう」のゼッケンを付けた私たちが歩きます。手には「認可保育園の増設を」「消費税の増税反対」などの要…

続きを読む

6月議会始まる

今日、6月3日から武蔵野市議会が始まりました。今日の一般質問は8名の人が行いました。待機児問題は、前回私が一般質問で取り上げましたが、6月議会には市民の方から「認可保育園の増設」を求める陳情も提出されました。武蔵野市の待機児童数は旧基準(認可保育園に申し込んで入れなかった人)354名。新基準(認可保育園に入れなかった人-認証保育所に入った人など)181名です。昨年より、どちらも増えています。今年…

続きを読む

生活保護改悪法案が審議入りに!

 大変です!。この間ブログでも、問題点を指摘してきました「生活保護制度」の大改悪が今月29日にも審議されそうです。改悪案は、扶養義務者や同居の親族に対して扶養が困難な理由について「報告を求めることができる」と規定し、扶養義務者が預金している銀行や雇い主に照会することまで可能となります。さらに、現行法では生活保護の申請者が口頭でも意思表示すれば、実施期間が要件を吟味し、保護を開始するかどうかを期間…

続きを読む

安倍政権の狙う、労働法制の大改悪

 安倍内閣が進める「雇用制度改革」は、解雇しやすい、正社員中心ではなく有期雇用や派遣などいろいろな雇用を増やすものです。正社員を減らす方策として、解雇ルールの緩和をあげ、無効解雇も金銭で決着可能にすることや、就労規則を変更して解雇や労働条件切り下げを可能にすることを提起しています。さらに、職務や勤務地、労働時間などを限定した「正社員」の解雇ルールをつくり、有期雇用を期間制限なく使い、不要になった…

続きを読む

「憲法学習会」を行いました。

 お知らせしていました「憲法学習会」の日でした。参加いただいたみなさん、講師の和泉さんありがとうございました。学習会は、「憲法とはなんなのか」小中高校の教科書には何と書いてあるのか、から始まりました。日本の憲法9条は世界の、特にアジアでの認知度の高さも紹介されました。そして、政治の場面で、憲法がこれほど論じられる国は珍しい。それは、憲法と実際の政治がねじれている所に起因している。だからたえず憲法…

続きを読む

兵庫県福崎町からの手紙

 兵庫県福崎町長から手紙が届きました。内容は、福崎町の特産「もちむぎ」で作った麺などの紹介です。嶋田町長が町長選に出馬するきっかけは、当時の町が出資をした第三セクターの「もちむぎ食品センター」の億を超える不明金の発覚でした。嶋田さんが町長になり、財政を立て直し、町の特産品、もちむぎを生かし産業振興と地域の活性化をすすめようと頑張ってきた内容がのべられています。町長から送られた中に「広報 ふくざき…

続きを読む

武蔵野市29項目の事業の見直しを提示

 武蔵野市は「新たに評価を実施する事業」29項目を示しました。今後、29項目の事業をを評価し、廃止、縮小、継続などが決まっていきます。評価対象とされた事業は、高齢者対象の生活支援ヘルパー、ディサービス事業、敬老福祉の集い、障害者も含む安否確認も兼ねたごみ収集などやすでに廃止が決まっている、サンヴァリエ桜堤の生ごみ資源化事業など29項目です。(具体的な事業内容は武蔵野市のホームページでご覧ください…

続きを読む

麻生副総理「高齢者に対し」暴言

 麻生副総理・財務大臣は21日に開かれた政府の社会保障制度改革国民会議で、余命わずかな高齢者の終末期の高額医療費を問題視し「政府のお金で(高額医療を)やってもらっていると思うと、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろ考えないと解決しない」と暴言が吐きました。同日「会議」終了後、問題視されることを恐れたのでしょうか、会議での発言について「適当でない面もあった。撤回すると…

続きを読む