大手メディア、安倍首相との会食相次ぐ!

 「ブルータス お前もか」と言いたくなる、大手メディア幹部との安倍首相の相次ぐ会食。1月7日、読売新聞、渡辺本社社長。8日、産経新聞、清原会長、熊坂社長。2月7日、朝日新聞、木村社長。14日、産経新聞、清原会長。15日、共同通信、石川社長。3月8日、日経新聞、喜多社長。15日、フジテレビ、日枝会長。22日、テレビ朝日、早河社長。28日、毎日新聞、朝比奈社長。4月4日、朝日新聞、政治部長、時事通信…

続きを読む

共産党演説会で、小池晃副委員長がお話しました。

 今日は、武蔵野・三鷹地域の共産党演説会でした。強風の中、ご参加しただきありがとうございました。会場いっぱいの参加でした。弁士は、30歳、32歳のフレッシュな小川 明弘武蔵野市都政・青年対策室長、参議院東京選挙区予定候補 吉良よし子さん、そして、NHK日曜討論会に出席し、その後川崎の共産党後援会主催の集いに参加後、三鷹産業プラザ(武蔵野・三鷹地域の演説会場)に駆け付けられた小池晃党副委員長です。…

続きを読む

4月7日は共産党演説会にお出かけください

 4月7日、日曜日午後3時から三鷹市産業プラザ7階で「日本共産党武蔵野・三鷹地域の演説会」が行われます。弁士は、6月に行われます、都議会議員選挙に立候補予定の武蔵野市都政・青年対策室長の小川 明弘さん、7月の参議院選挙東京選挙区予定候補 吉良よし子さん、同じく参議院比例代表予定候補の小池晃さんです。今日、広島高裁で昨年末に行われた広島1、2区の選挙は1票の格差があるとして「無効」との判決が出まし…

続きを読む

成人後見人制度で選挙権が奪われるのは違憲と判決

成人後見人をつけると選挙権を失うとする公職選挙法は違憲と、知的障害のある女性が訴訟。東京地裁は「公職選挙法の規定は違憲と女性の選挙戦を認める判決を言い渡しました。判決は「後見開始の審判で判断されるのは財産等を管理する能力の有無であり、選挙権を行使する能力とは異なる」と判断しました。成人後見人制度は、認知症や知的障害、精神障害を理由に判断能力が不十分な人を保護、支援する目的で導入された制度です。…

続きを読む

18年間で、政党助成金を受け取り、21政党はすでに解党

 日本共産党の第6回中央委員会総会での志位委員長の報告で、「政党助成金については、この18年間で28の政党が受け取った。そのうち、21政党はすでに解散している。政党助成金を目的に政党を作ったとしか思えないのがほとんどだ。政党助成金の受取りを拒否しているのは日本共産党だけだ」と訴えました。政党の離合集散のひどさと自民党、民主党、みんなの党などの政党は政党助成金が党の活動資金のほとんどを占めている実…

続きを読む

今日も一日、大忙しの日でした。

武蔵野市の雪は予想よりだいぶ少なく、お昼頃からは雨に変わりました。今日は、朝から晩まで予定がビッシリです。天気が悪くて中止したのは、武蔵野原水協が毎月取り組んでいる「原水爆の廃絶を求める署名行動」だけでした。9日の、吉祥寺での署名行動はやりますよ。午前中は雪景色でしたが、午前、午後とも行われた会議は我家だったため私は、寒い中を歩かずに済みました。皆さんは「寒いね」と我家に入ってきました。2月、…

続きを読む

就活問題で吉良 よし子さんが演説

吉祥寺駅で、共産党の街頭演説が行われました。弁士は今夏実施される、参議院選挙東京選挙区から立候補を予定している吉良 よし子さんです。吉良さんは、就職氷河期と言われた年に就職活動を経験した人です。自身も数十カ所を受け、内定は1カ所だったと話していました。今年の就活も大変だと言われています。街頭演説後、親戚のお見舞いに病院に行くと、従姉妹の娘がやはりお見舞いに来ていました。彼女はまさに今就活中です…

続きを読む

マスコミの姿勢を問う

総選挙のマスコミの報道姿勢に、異議を唱える読者の声が赤旗新聞に紹介されていました。「選挙の報道で、自民、民主、公明そして維新などの政党代表のインタビューはするが、共産党、社民党はなかった。平等に報道すべきだとテレビ局に抗議したが、次の日も姿勢は変わらなかった」と書いていました。私も同じような経験をしたことを思いだしました。私の場合は、橋下大阪市長が市役所職員の思想調査を行い、調査に応じない職員…

続きを読む

新年会始まる

 今年最初の新年会は、後援会ニュース編集会議のメンバーと朝の駅頭宣伝に参加してもらっている人たちの合同新年会です。と言っても編集会議と宣伝参加のメンバーは複数重なります。年長者のTさんの発声で「月曜日からまた宣伝が始まります。寒いですが、参議院選をはじめ選挙頑張りましょう」の挨拶で乾杯しました。料理は、私の手料理。望年会が鍋だったので、今回の献立は「てんぷらとロールキャベツ」がメインです。時間が…

続きを読む